スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤和夫 + 柴田耕太郎 = ∞ ??

英語学習の成果報告!と行きたいところだけど,残念ながら,まだまだ
その段階には行けないので,経過報告ってところかな。

『英文解釈教室』の2周目を何とか終了

英文解釈教室英文解釈教室
(1997/06)
伊藤 和夫

商品詳細を見る


この本に関わる,著者の故伊藤和夫氏の思いは

英文解釈は,英語を読む呼吸として,英語自体から事柄がわかる(イメ
ージできる)こと,英語が分かるから必要なら訳せることが学習の目的

乳児でない大人が,「英語→事柄→日本語」という図式での思考法(頭
の働き方)を習得するには,まずもって,頭の働きを自覚する必要がある。
この頭の働き方を具体的に示そうとしたのがこの著作(一応受験生向け)

こうした考え方と,それに基づく詳細な英文の分析,詳細な説明内容,
また,時に叱咤され,笑えるジョークあり,という著者の頭の良さを感じ
る内容,それに,ほんの一部とは言え,使われている英文の内容の格調が
高い,こういう物が読めるようになりたいんだよな~って感じのもの。
(ラッセル自伝…多分,ヘミングウェイの『武器よさらば』とか,でも
これって,入試問題なんだよな~)

受験など遠い昔の世界だし,無英語歴数十年の自分にとっては,とても難
しく,一度始めたものの,頭に残りそうもないので,入門編・基礎編も一
通りやるハメになった。でも,何とも魅力的で,自分の性格からして有り
得ない辛抱強さで,2回も読んだ。

そもそも,英語を原作の意図がそのまま味わえるようになりたいという目
的に対して,何で勉強しようか?と思った時に,ふと,受験参考書の殿堂
的なこの著作に出会い,選ぶ段階では,時々お邪魔している京都大学の大
学院生の
Zlotyさん『Now or Never. 日々向上することを目指す』
という
ブログの記事で,まったく自分とは次元の違う,京大受験用として読むべ
きという記事ながら,とても紹介内容が気に入ったので,買う気になった。
(全然関係ないけど,何の条件もなしに,学ばせてやるとか言われたら,
今一番聴講したいのは,京大の佐伯啓思教授だしね。)

筆者のあとがきによれば,この本を一読した後は,2周目に入るか,原書を
徹底的に読み,最終的には,この本の思考法が無意識の世界に沈むまで読む
こむこと

一方で,優しい本から徹底的に英文を多く読んで行く,いわゆる多読法,こ
の方法も理解できる。

伊藤和夫氏の方法と多読法は,どちらも,英語の約束の体系に慣れて行くと
いう学習法におけるアプローチの仕方の違いなのだと思う。演繹的なアプロ
ーチと帰納的なアプローチ,欲張りで,疑り深い自分は,どちらも同時に進
めてきた。

でも,まだ成果を自覚できない!!のが辛いところ。中途半端なのかな~?

『英文解釈教室』は,2度目でも,また新たな疑問が出たりで,何とか手が
かりをと,色々WEBを探したけど,内容までに踏み込んでるものは見当たら
ない。

あきらめかけてたけど,使われている英文の原作にヒットしないかな~と,
google にある例文の一部をそのまま入れてみたら,意外にも目的外で,も
のすごく有益なwebにヒットした。

それが,柴田耕太郎氏の英文教室(翻訳家育成講習を実施)の評論

彼の履歴は,web にあるとおり非常にユニーク

原文に対する英語でのイメージと日本語でのイメージを一致させるところに
翻訳の行き着く所で,翻訳が英文解釈の頂点にあるというのがよくわかる。

で,そのWEBの中で,彼自身も直接に伊藤和夫氏に学んだり,『英文解釈教
室』の世話になっていて,敬意を払いながらも,更に,それを完成系にする
領域に引き上げる批評が載せられている。

まず,『翻訳通信』という,翻訳家の山岡洋一氏のレポートの中で,『人
さまの誤訳』という寄稿
で,第1章

第2章以下は,ご自分のWEBで,『月例翻訳批評』という形で,第2章から,
第15章まで,いずれも,無料で自由に見ることができる。(バックナン
バーとして,すべて気前良く掲載されている)


最初の『翻訳通信』では,『英文解釈教室』発売元の研究社に向けて,自
分に改訂させて欲しいと書いておられる。研究社には,その方向に動いて
ほしいな~それが,進歩に繋がるんだから。

掲載されている『月例翻訳批評』で,偶然1章分が抜けていたので,空気
も読まずメールで質問(受講に関する質問を引き受けるのが目的だと思う)
したら,何と電話をいただき,親切にも,すぐにお詫びと,抜けている部
分を発信していただいた。何とも親切,恐縮しかり。ありがたかった。

『英文解釈教室』は,もともと受験生用(多分,自分の時代に,この本が
あったとしても,とても受験のタイミングでは読めなかったと思うが…)
なので,このような本を,受験用で使っている優秀な若い人には,ぜひ,
一読してほしい内容。

同時に,山岡氏の『翻訳通信』には,このほかにも,価値ある寄稿が沢山
寄せられている。これまた,まったく無料でダウンロードできる。軽すぎる
内容で,高価な教材を売り裁いている人たちが多い中,頭が下がる。

こうした,流れのなかで,良いものが,どんどん進化し,引き継がれて行
くのは,素晴らしいことだな~と思った。原書も翻訳も一緒に読もうかな~

さ,宝の持ち腐れにならないように,栄養にさせてもらわなくては…,
とても翻訳という非常に高いレベルは無理だけど,それなりに,少しで
も向上したいと思う。

どこまで,続くかな…


スポンサーサイト

⇒comment

Secret

2周目終了おめでとうございます♪

とっても難しそうなテキストなのに、2回も取り組まれたんですね。

多読は、英語初級者でも取り組み易くて、継続し易い勉強方ですが、
とにかく時間を要します。
多読しながら、この手の本で違った角度からの知識を得られれば、
近道になるかもしれませんね。

翻訳本は、回りくどくて読みにくく感じることがあります。
内容の濃い難しい本ほどそう感じるんですが。
他の国の言語を自国の言語に置き換える作業は、とても難しいと思います。
文化も背景も異なっている中での作業ですから。
翻訳されている方の英語力は、相当なものなんでしょうね。

翻訳力とまでは望みませんが、いつかは、格調高い本を原文で読めるようになりたいです。

児童書を読んでいるおばあちゃんもかわいいですが、
文学作品を原書で読んでいるおばあちゃんなんて、
すごくかっこよくてステキだと思いません?
私の最終目標です。


ハルミズキさんへ

こんばんは!!

この手の本読むと,何でも読める気になって,でも,いざ読んでみると
まったく進歩がないのに,がっくり~の繰り返し。(辛い)

でも,今のところ,諦めようか~って気は起こらない。

というのも,最終目標は,ハルミズキさんと同じだから。
カッコイイお婆さま?にモテるお爺さまになりたいしね。
たとえば,白州次郎のような!!ということで,弱気を見せたら,叱咤
してね。よろしく。

イラスト英単語
by お散歩英語お散歩気分で英語学習 English Walk
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。