スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空に浮かぶ凧やな 岡林信康

日曜日の夜に,岡林信康が番組に出てるで~って,わざわざ電話くれた人がいて,
情熱大陸って番組を見た。

岡林信康

中学生の頃だと思うけど,拓郎世代より少し上の,まさしくフォークが世に出て来た頃,
神様って言われてた人

でも,番組を見てあらためて考えると,少年時代の自分の思考に多大なる影響を与えた人
かもしれないな~と思う。色々な人が世の中に出て来たけど,そんな時代でも,真のフ
ォークシンガーは,彼だけだと思ってた。

反戦,貧困,差別などの社会問題に切り込み,ある時は暴力的に,ある時なコミカルに,
しかも,何とも言えない,人の心に沁み入るような綺麗な歌声で歌い上げる人

多感な時期の少年には,彼の歌には,あたりまえのように共感できたし,すっと,自然
に頭に刻みこまれたのかな~

テレビの中で,彼に,今の岡林さんにとって,自由とは何ですか?と質問が飛ぶ,
いつもの柔和な表情で,関西弁で「凧やな,空で飛ぶ凧や」

???

すぐに,「若い頃は,凧糸を切りたくてしかたなかった。もっと自由になれると信じとった」
「今は,糸で繋ぎ止めてくれてるから,自由に泳げるんだとわかった」

というような主旨の発言だった。

まさしく,自分自身に起こった30歳くらいのときの心境の変化と一致する。
(正直,心の成人は,恥ずかしながら遅かったかも)
俺の場合,自由であることをまったく自覚できてなかった。自分で自分に鎖を巻いていた。
その後は,心が解放されて,世界が変わった気がする。

でも,元々の正義感とか,人のあるべき姿みたいなものは,決して捨てない。
その根源が,彼の歌の影響を多分に受けてるような気がする。
凧の話を聞いて,きっとそうだと思った。

今や伝説の歌「友よ」



「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」「手紙」などで,社会の矛盾を知り,
次のような曲は,結構,好きな連中で集まって歌ってたと思う。
先生に見つかると,注意される。それが,誇らしかったんだよな~



長い間封印して来た若い時代の歌,歌うのが楽しくなったって言ってた。嬉しいね。
それぞれの道を,しっかり生きて行けば,
色々な紆余曲折が人の心の深みになり,
良い年の取り方が出来るって,あらためて認識したし,勇気がわいてくる。

再度,ファンになったのでした。


スポンサーサイト

見えない壁 ~ NHK『世界ふれあい街歩き』を観て思うこと

NHK(BSハイビジョン・総合)の番組に,『世界ふれあい街歩き』って番組があって,
時々,観るって言うか,たまたまチャンネル回して出会うのだけど,
先日,アンコール番組をやってて,少しの時間だけど,見入ってしまった。

NHKのスタッフが,世界の観光地でなくて,街の路地裏をカメラで歩き回ってて,
それに,林隆三とか牧瀬里穂とか,色々な人がナレーションを被せている番組
時間は短いけど,色々な街を観ていると,ふと不思議な感覚になる。

印象深かったのを,一つ二つあげると,たとえば,ナポリの路地裏
路地向かいのアパートに向けて,ロープ張って洗濯物を干してる。
ロープは片方のアパートの人の持ち物で,空いたときは,向かいの人に貸してあげる。
その下を,ヘルメットもしないオートバイが,結構なスピードで行き交ってる。二人乗りも多い。
そんな情景。

もう一つ,ベルゲンのちょっとした丘の街角
学校帰りの子供たちが,大きな木の枝にロープを掛けたブランコで
アルプスの少女のハイジ並みに思いっきり遊んでる。
見てるだけで,ちょっと怖くて,大丈夫かな~とドキドキ

アニメのオープニングのブランコ,現実の物と考える想像力なかったけど,
まさに,この世界だと思った。



(今見ると,ジュリアンドリュースの『 The Sound of Music』のオープニングに良く似てる。
 残念ながらyou tubeにもない。)



(子供心に初めて感動した映画,名曲ばかり。今でも『My Favorite Things』は,コルトレーンで聴いてる。)


都市部の映像や,観光地だけでは,わからないけど,
何だか,懐かしさもあるし,色々な人が,
それぞれの世界で自由に(もちろん危険もあるが)生きてる空気感を味わえる。

ふと思う。
自分の生活が,あまりに管理された空間にあり,それが習慣のごとく生活や考え方に染み付いてしまってるのでは?
壁を突き破らなければ,天井を突き抜けなくては,せっかくの大空は見えないよね
そして,思う。見えない呪縛に,決して囚われることなく生きなくては…

確かに,日本は安全で,長寿国になったのだろうけど,
毎年,交通事故の死者の数より何倍も多い,3万人の自殺者を生む国でもある。
対策,対策と騒ぐけど,見えない呪縛から解放された社会が必要なのかも

そんなことを思い出させてくれる良い番組

まず,感謝すべき人たち(IMAGINEに向けて)

多分,人間は進化してると思う。特に科学技術とかね。
でも,宇宙的な物差しで見た時に,心はコントロール出来ないでいる。

多くの人が,良い方向に行くように工夫して来たし(例えば法律で),
世界中で,たとえば,人の命を奪うことは良くないというようなことは,ほぼ共有できている。
でも,ひとたび,様々な人間関係の中で,何かの小さなコミュニティーに属せば,
その中で,責任や立場をもてば,
ついつい,小さな利益に惑わされ(その時は気付かないが)
そのために,本当の利益を忘れてしまう。

自分の利害に係らなければ正義を貫ける人も,
立場を背負えば,自分の利害に係ると
家族でも,会社でも,利害が対立する。会社の立場を背負えば,不正もする。
国を背負えば,戦争もする。
これが,現実。

小さな利益の追求は,結局損失に繋がると分かっている?筈なのに
他人のために行動した方が,最終的に自分のためになるのは分かっている?筈なのに

だから,そんな利害を取っ払ってしまう世界が,『IMAGINE』なんだろう。

でも,現実的には,そこに行くまでに,途方もない時間がかかるだろうし,
その方向に,たとえば進歩が止まる(競争心が途切れて)とか,逆説もあるはずで,
であれば,ずっと,もがき続けるのかもしれない。

テレビを見れば,嫌でも沖縄米軍基地問題のニュースに突き当たる。
負担,被害,苦しみ…,こんな言葉が乱れ飛ぶ,現実の問題

日米関係についての考えは書かないけど,
別の意味で,違和感を感じる。

現実として,
日米安保同盟があり,また,それをベースに少なくとも
日本は戦争もしなければ,攻撃を受けてもいないというのは事実
また,国民の選んだ自民党,民主党の政権も,日米関係の大切さを否定しない。

政治なのだから,その点において,策略はあるのは当然
それを抜きにしても,
『IMAGINE」にたどり着けない現実の中での選択

であれば,沖縄をはじめ,いくつかの地域は,
日本を代表して,物理的には危険の多い基地を提供してくれている地域のはず。
なぜ,「被害者」としてでなく,
大きな利益を得るために,身体を張っている人たちに対して,
「感謝」という言葉が聞こえないのだろう?

政治家から,自民の時代を含めて,
被害者的な発言はあっても,勇気ある人たちと讃える言葉を聴いたことがない。
それが,不思議でならない。

ニュースの中でも,沖縄の人で,県外移設は,責任の擦り付け合いで
好ましくないという人もいる。頭が下がる。

その利害関係の中に居る人は,自分の立場で意見を言うのはあたりまえだと思う。
しかし,少なくとも,政治家はもっと大きな観点で意見を良い,国民に伝えるて欲しい気がする。

米軍が悪者であるかのような,沖縄の人がただの被害者のような視点だけでなく,
そもそもの話と,現実と,
そして,少なくとも米軍に関わり平和を維持して来た基盤には,沖縄の人の忍耐がある。

守られた俺たちとしては,まず,感謝すべき人たちであり,
基地問題は,日本全体の問題であると認識しなくては,あまりにナイーブすぎると思う。

他にも多くの感謝すべき人がいる。

警察官,消防士
原発や廃棄物処分場を受け入れている土地の人
普通の企業ならとっくに潰れてる日本国の最悪の財政のために予算を諦める人
勇気ある人ではないだろうか?

「ありがとう」と感謝された人間と「可哀想」と同情される人間
同じことでも,どちらに元気がでるだろうか?
どちらが前向きになれるだろうか?

少なくとも,アメリカの政治家の中には,
まず,人を讃えることから,演説する人が多い気がする。
苦境に立った時,立ち直りが早いのは,「ありがとう」の人,国だろうと思う。

そして,今日(すでに昨日)は,太平洋戦争に突入した日



「小柳ゆき」と「恋のフーガ」にシビれる。

ipod をシャッフルで聴いてたら,約3千分の一の確率なのだけど,
小柳ゆきの,この曲に再会した。



あれ,これ誰だっけ? MISIAかな~?? いや,もうちょっとBigな感じ
あ~,小柳ゆきだ~!!
凄い,こんなに上手かったっけ?
という感じで,圧倒された。
こういう再会があるから,シャッフルは楽しい。

で,帰って YOU TUBEで復習
このPVの彼女の風貌,自分の嗜好にぴったり。またまた気に入った。
最近,あまり耳にしなくなってけど,ちゃんと活動してるみたい。
このような本格的ヴォーカルは,曲との出逢いがあるよね。

でも,もし,かつてほどの勢いでないのなら,
是非是非,小さなステージで生で,じっくり聴きたい!!
きっと,生きた心地しないくらい凄いと思う。
これは金銭価値では代え難い希望だな。

YOU TUBE に行ったお陰で,彼女があのお気に入りの名曲をリメイクしていたのが分かった。
何とも,嬉しい出逢い。

子供心に,ピーナッツは本当に良い曲歌うし,上手いな~と思ってた。
残念ながら,小柳ゆきの,一人二役「恋のフーガ」は,リクエスト無効でアップできないけど,ぜひ聴いて欲しいな~ これは凄いよ!!

で,若い人は残念ながら知らないオリジナルは,アップできた。これは懐かしい。





イラスト英単語
by お散歩英語お散歩気分で英語学習 English Walk
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。