スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と罰…

罪と罰と言えば,あのドストエフスキーの大作,以前読んだかな~??
あのロシア文学が,何と,英語で,また読みやすいGRになってたので,読んで
みた。

"Crime and Punishment" (Penguin Longman Penguin Readers)
(2006/03/23)
Nancy TaylorF.M. Dostoevsky

商品詳細を見る


絶対読んでいないと確信,いくら昔に読んでても,忘れられないはず。

日本で言えば,漱石を読んでいるような,そんな,深く人の心に入り込み,人
の心の中でなりながら,大きなテーマに取り組んだ作品だと思った。
直接的には,死刑の廃止とか受刑者の更生とか問題が頭に浮かぶ。表層的な制
度の問題でなく,人の心は人が動かすしかない=非常に難しいものだと思った。
翻訳も是非読みたいけど,文庫でも上・下で相当分厚い。機会があれば…

もう一つ『罪と罰』といえば,林檎嬢を思い浮かべるんだよな~
彼女は,デビュー10周年(30才くらい,もっとベテランと思ってた)。
感性が豊かで,日々心が揺れる(=人間臭い)タイプの人のように思うし,そ
れを曲にぶつけるタイプじゃないかな~,すなわち,これからもどんどん変化
して行くように思う。ただ,その旋律には,非常に個性的で,独特の雰囲気を
感じるし,そこはそこで,ずっしりとベースになっているように思う。この曲
は若いときの曲で,もやもやした気持ちをストレートに歌詞にのせ,メロディ
ーが空間をみごとに演出していると思う。今の彼女にぴったりのオーケストラ
・アレンジで,流れた時間を感じされるもの良いね。



そのほか,最近読んだGRなど

Phantom of the Opera: Level 5 (Penguin Longman Penguin Readers)Phantom of the Opera: Level 5 (Penguin Longman Penguin Readers)
(2002/06/03)
Gaston LerouxColeen Degnan-Veness

商品詳細を見る
ちょっと表紙が違うけど,レベルは同じ
近い映画化されたもっとも最近の作品は,ビジュアル面や音楽は素晴らしか
ったけど,筋道は,このGRの方がしっかししてて理解が深まる。


The Client(Penguin Readers:Level4)The Client(Penguin Readers:Level4)
(2000/02/15)
John GrishamJanet McAlpin

商品詳細を見る
映画も観たことがある。

"Death on the Nile" (Penguin Longman Penguin Readers)
(2008/05/09)
Agatha Christie

商品詳細を見る
テレビシリーズが好きだったクリスティーのポアロもの penguin の
新パッケージは表紙のセンスが向上してる。

Rebecca (Penguin Readers: Level 5)Rebecca (Penguin Readers: Level 5)
(1999/12/21)
Daphne Du Maurier

商品詳細を見る
相当前にヒッチコックが映画化。
実は,最後の箇所の比喩的描写を読み込めなくて,文庫の訳本(買おうかと
思ったけど,これも罪と罰同様,文庫で上・下2巻分厚すぎ)を立ち読みし
て,やっと理解できた。これは,多分,想像力不足…

このあたり,penguinの Lv4~6 そこそこ読めるな~って感じかな。内容的
にはどれも,映画化したものがベースなので,それなり楽しめる。罪と罰は,
そんな中で,圧倒的に深い。


それから,ハルミズキさんのところで紹介のあった

American Pie―Slice of Life Essays on America and JapanAmerican Pie―Slice of Life Essays on America and Japan
(2002/12)
ケイ ヘザリ

商品詳細を見る


内容的には楽しめた。ハルミズキさん,いつもながら,ありがとう!!
たけど,評判的には,分かりやすい綺麗な英語で,読みやすいということだけ
ど,自分にはまだ,そう書けないのが辛いことろ。正直,英語としての読後満
足度は,penguin シリーズほどでなかった。実力不足に,ちょっとガッカリ…

多分,もう少しで100万語くらいになるはず,英語の読む量という意味では,
まだまだ。早く,お気に入りの MacのOS,Core 2 Duoのごとく,頭をツイン・
ドライヴに仕上げたいと思う。




スポンサーサイト

Victory Speech 

アメリカの歴史に新たな1ページが開かれた~!!
オバマ大統領誕生,ちょっと機を逸したけど,やっぱ触れたくなる。

正直言って,ここ数年のアメリカの政治にはウンザリしていたところ。
それにシッポを振って付いて行っていた日本の政治家はもっと嫌いだし,
イラク戦争の頃には,ほれぼれしたフランス(特にド・ビルパン)は,
今やサルコが台頭してしまって,ああ,人格のある政治家は,どこへ~
と思っていた。

しかし,オバマ候補については,どこかこれまでとは違う,人間性とい
うか人格に魅力を感じるし,価値感的にも非常に共感できるし,政策を
聞いていても,アフガンの増派(趣旨がよくわからない)以外は,方向
性において,アメリカにもこういう人物がいるのだと嬉しく思っていた。

それで,先日,Victory Speechを聞いたけど,上手さもあるけど,やっ
ぱり,その人格,包容力に惹かれてしまうね。

本当は,英語を英語のままで聞きたいところだけど,まだまだ行き着かず,
やたらめったら,人が交代で通訳したものを聞いたわけだけど,こういう
のが,言語のままで頭に染み込んでくるようになりたいんだよな~っての
が本音だし,すこし英語習得意欲が高まった。

スピーチ動画と,テキストは,本場のサイトに任せるとして,

特に気に入ったのは,このあたり(文書は比較的簡単)

To those who seek peace and security – we support you.
And to all those who have wondered if America’s beacon still burns
as bright – tonight we proved once more that the true strength of
our nation comes not from our the might of our arms or the scale of
our wealth, but from the enduring power of our ideals: democracy,
liberty, opportunity, and unyielding hope.

参考)beacon かがり火,のろし unyielding 断固とした

日本語訳は,このサイト等々

何だか,堂々とした大国をイメージする言葉に受け取れた。要するにnot
現状(ナポレオンのイギリス批判じゃないけど,まさしく武器も命も扱う
shopkeeper),but オバマの描く変革後のアメリカかな。そうなってく
れれば,本当に嬉しいし,それは,同時に全世界に大きな変革をもたらす
よね。本当に希望を持てる内容だ。

ともかく,とてつもなく,大きな人物であって欲しい。
大きな課題はあるし,獲得選挙人の数では圧勝でも,得票率は5%,また,
白人は40%しか投票していない(政策とかだけはないはず)など,決して
順風とは行かないけど,小さなことに潰されず,世界規模で力を発揮して
ほしいものだね。

さて,自分も世代は近い,それなりに頑張らなくては…


イラスト英単語
by お散歩英語お散歩気分で英語学習 English Walk
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。