スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーもらって,Train Kept A Rolling !!

思うようにCFPの資格取り勉強が進まなくて,
ちょっと追い込まれモードにならないと,とか考えてたところ

基本型は,常に楽観的で,
仕事でも,追い込まれた方が良い結果がでると信じてる。

追い込まれると,余計なことをしない,思い切った割り切りが出来る等々
都合の良い理由はあるけど,反面,大きな欠点は,リスクが高いこと
追い込まれると,結果がどうあれ,
◯◯時間後には終わってると考えると,とても気が楽になる
という,このような場面では,とてもギャンブル好き

それはともかく,今回は,走るしかないと思ってる。
で,こういう時は,勝手に何からでもエネルギーもらう。

ハルミズキさんのブログで,エアロ・スミス思い出して,名曲を思い出した。

エアロ・スミス,何枚か持ってたけど,明らかに一曲買いしたのが,
あの,クラプトンやベックやページがメンバー(同時でなはいけど)だった
Yard Birds の"Train Kept a Rolling”をカバーしているLP(間違ってもCDじゃない)
今のように,ネットもなければ,もちろん You Tube もない高校生時代
Yard Birds の演奏をAMラジオで聴いて,衝撃を受けた!!




でも,既に懐かしの曲で,手に入れる術はなく,聴きたくても,チャンスがなかった。
ところが,エアロ・スミスのお陰で,いつでも聴けるようになって,何度も聴いたと思う。

あのツェッペリンのページがサイドギターで,ベックがリード
何とも重厚で,蒸気機関車がまさしく地響き鳴らして走るような,重厚なロックンロール!!
多分,本人たちも気に入ってるのだと思う,セッションでまだまだギンギンにやってる。

2009年の演奏,還暦越えた,超カッコいいオジさんたちのセッション



ページは髪真っ白だし,ロンウッドは怪しいし,でも,ベックは若い,この人年取らないね~
この曲は,いつもエネルギーをくれる。

で,今日は朝から,資格学校の学習室へ
ここはここで,高校生から70代のおじさままで,勉強してる。
この光景,結構,気に入っている。そして,エネルギーくれる。

AFP受講してた時の講師だった,自称スパルタの新婚の女性講師
「こんにちは~お元気ですか~!!」
って,手振ってる。
「オッス,久しぶり~」(どっちが,講師やねん)
よく見ると可愛いじゃないか~!!
とか,頭に浮かんで,エネルギーいただき。

仕上げは,広島風お好みの店
ここには,前にも少し書いたけど,バンダナで,瞳だけでパワーくれる娘がいる。
う~ん,ジューシーフルーツのイリアか,持田香織か,
でも,ちょっと色気があって,彼女が上か



いつものように,水を注ぎ足してくれて,
今日は,何と,彼女が焼いてくれて,プラス,会計が彼女だった。
こういう時は,絶対にぴったりは払わない。
おつりタイムが,大切なのだ。
片手で釣り銭,もう一方の手で,俺の手のひらを支えてくれる。最高の時間!!
これで,620円って,やっぱ本当に大切な物は,金額では測れない。

とても,良い気分になれて,明日からの活力をもらう。

若い頃から,俺は,なぜ働くのだろうといつも考えてた。
どんな仕事が,世のためになるのだろうとかも
中々,自分が納得できる答えが見つからなかった。
でも,いつのころからか,
相手に,安心や,喜びや,楽しさや,知識や,そういうものを送ることかな?と思うようになった。
その代償に,相手から,笑顔をもらったり,労いの言葉をもらうこと,
一つ,一つを積み上げれば良い。そういう小さいけど,当事者にはとても大切な時間もある。
そういう場を与えてくれてるが職場,エネルギーを分かち合う場,と思うようになった。
仕事は,何でも良い。ステージが違うだけ。
ようするに,自分以外は,みんなお客さま のようなもの 

それは,簡単なようで,簡単でない。でも,それが欠けたら,仕事ではない。
なので,誰かの役に立つために,自分の得意を一つでも増やしたい。今,真っ最中。

ということで,蒸気機関車は,しばらく特急で,これからも走りつづける。
エネルギーをくれる皆さんに感謝しながらね。

ブログをアップしようと思ったら,今回のトヨタの件での特集番組が始まった。
日本のスタジオは,何と同志社の浜矩子教授だ。

hama_2007_11_04_1.jpg

酒豪・姉御教授,実は大フアンで,いつか,この人の同志社ビジネススクールに
入学したいな~とか考えてるところ。

Wow 英語もカッコいい(独特だけど),司会の道傳さんも,相変わらず流暢
こういうの見ると,まず,実現不可能な仮定法過去的発想が頭を過って,
思い直して,やっぱ,英語は諦められんな~

で,なぜか,フランス語 シルビー・バルタン(星人ではない)の Locomotion





スポンサーサイト

pomplamoose っていうグループ

この冬は,寒いね~
と思ってたら,世の中,各地,相当寒いみたい。

昨日だったか,BSの世界のニュース見てたら,
フランスの国営放送F2の寒波の伝え方が面白かった。
勝手に,さすがフランスらしいな~と思った。

今年の寒波で交通等,色々な面での混乱を伝え,
そして,この程度の寒波は,初めてではないという。
何十年も前の,白黒フィルムをいくつか流し,
現代の人間は,対応力が落ちたという。

多くの人が遠くから会社や学校に通い,分刻みのスケジュールに追われている
そうした合理化,効率化が,いつのまにか人間を小さなことでイライラさせ,
小さな狂いでも我慢できなくなって来てると伝える。
そして,最後に,子供たちだけは,寒波を楽しんだ。と締めくくった。
短いニュース原稿だけど,切り口が鮮やかで,好感が持てた。

関係ないかもしれないけど,自殺者が多いこの日本,
こうした効率化,管理体制の行き過ぎが,超高レベルの不満にも敏感になり,
それに気がつかない人間どうし(メディアを含め)が,殺伐とした,とても息苦しい
閉塞社会を作っているようにも思う。

全然話は飛ぶけど,フランス語でpomplamooseは,グレープフルーツらしい。
これをグループ名にしているアメリカのカリフォルニアに暮らす indiesの二人組
これが,何とも素晴しい!!

洗練されてて,クールで,柔らかくて,動画もシンプルで暖かい。
何よりも,楽しい気分にしてくれる。これが,最大の価値だよね。

まず一曲目,マイケルの beat it,彼らにかかるとこうなる。



beat it って,何で『ずらかれ』『うせろ』みたいな発想になるのか不思議だったけど,
(この疑問が,どうやら英語の上達を遅らせているみたい。それでも,継続学習中)
it は,地面のことって,どこかに書いてあった。妙に納得した。

次は,すばらしいダンサーが登場,これが効果抜群
この二人組,jack conte (男性の方)と nataly dawn(女性の方,声が大好き)の関係者
答えは,動画に出てくるよ。

曲は,懐かしい『september』最高!!
(お父さんへのプレゼントみたい。羨ましい。子供いないけど)



you tubeで動画配信,web や iTunes storeで カバー曲は無料,オリジナルは有料配信してる。
無料の方は,数曲ダウンロードして,ipodに納まった。歌詞もコピーしたので,
聴く時は,英語学習時間となります。って言い訳してるみたい。

最近の英語とのおつきあい。少し偏ってる。経済記事や金融系の入門的な文章中心。
次回アップする時は,せっかくなので,ちょっと記事にして,有言実行?と行こうかな。

空に浮かぶ凧やな 岡林信康

日曜日の夜に,岡林信康が番組に出てるで~って,わざわざ電話くれた人がいて,
情熱大陸って番組を見た。

岡林信康

中学生の頃だと思うけど,拓郎世代より少し上の,まさしくフォークが世に出て来た頃,
神様って言われてた人

でも,番組を見てあらためて考えると,少年時代の自分の思考に多大なる影響を与えた人
かもしれないな~と思う。色々な人が世の中に出て来たけど,そんな時代でも,真のフ
ォークシンガーは,彼だけだと思ってた。

反戦,貧困,差別などの社会問題に切り込み,ある時は暴力的に,ある時なコミカルに,
しかも,何とも言えない,人の心に沁み入るような綺麗な歌声で歌い上げる人

多感な時期の少年には,彼の歌には,あたりまえのように共感できたし,すっと,自然
に頭に刻みこまれたのかな~

テレビの中で,彼に,今の岡林さんにとって,自由とは何ですか?と質問が飛ぶ,
いつもの柔和な表情で,関西弁で「凧やな,空で飛ぶ凧や」

???

すぐに,「若い頃は,凧糸を切りたくてしかたなかった。もっと自由になれると信じとった」
「今は,糸で繋ぎ止めてくれてるから,自由に泳げるんだとわかった」

というような主旨の発言だった。

まさしく,自分自身に起こった30歳くらいのときの心境の変化と一致する。
(正直,心の成人は,恥ずかしながら遅かったかも)
俺の場合,自由であることをまったく自覚できてなかった。自分で自分に鎖を巻いていた。
その後は,心が解放されて,世界が変わった気がする。

でも,元々の正義感とか,人のあるべき姿みたいなものは,決して捨てない。
その根源が,彼の歌の影響を多分に受けてるような気がする。
凧の話を聞いて,きっとそうだと思った。

今や伝説の歌「友よ」



「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」「手紙」などで,社会の矛盾を知り,
次のような曲は,結構,好きな連中で集まって歌ってたと思う。
先生に見つかると,注意される。それが,誇らしかったんだよな~



長い間封印して来た若い時代の歌,歌うのが楽しくなったって言ってた。嬉しいね。
それぞれの道を,しっかり生きて行けば,
色々な紆余曲折が人の心の深みになり,
良い年の取り方が出来るって,あらためて認識したし,勇気がわいてくる。

再度,ファンになったのでした。


「小柳ゆき」と「恋のフーガ」にシビれる。

ipod をシャッフルで聴いてたら,約3千分の一の確率なのだけど,
小柳ゆきの,この曲に再会した。



あれ,これ誰だっけ? MISIAかな~?? いや,もうちょっとBigな感じ
あ~,小柳ゆきだ~!!
凄い,こんなに上手かったっけ?
という感じで,圧倒された。
こういう再会があるから,シャッフルは楽しい。

で,帰って YOU TUBEで復習
このPVの彼女の風貌,自分の嗜好にぴったり。またまた気に入った。
最近,あまり耳にしなくなってけど,ちゃんと活動してるみたい。
このような本格的ヴォーカルは,曲との出逢いがあるよね。

でも,もし,かつてほどの勢いでないのなら,
是非是非,小さなステージで生で,じっくり聴きたい!!
きっと,生きた心地しないくらい凄いと思う。
これは金銭価値では代え難い希望だな。

YOU TUBE に行ったお陰で,彼女があのお気に入りの名曲をリメイクしていたのが分かった。
何とも,嬉しい出逢い。

子供心に,ピーナッツは本当に良い曲歌うし,上手いな~と思ってた。
残念ながら,小柳ゆきの,一人二役「恋のフーガ」は,リクエスト無効でアップできないけど,ぜひ聴いて欲しいな~ これは凄いよ!!

で,若い人は残念ながら知らないオリジナルは,アップできた。これは懐かしい。





あの素晴しい愛をもう一度 

もう一度,聞いてみても,
若い頃の解釈だけど,憧れも含めて,深層には理想的価値の追求的な意味がある
と思ってたことは,同じように感じ取れる

その時代は,70年安保闘争後
学生運動がピークを超えたころ,その学生たちは,次の生き方を模索していた頃
いわゆる団塊世代,俺たちが見て来た兄貴分たち

若さは,「青い」などと言われながら,
基本的には,正義感に基づく,新鮮な価値感を持っている
もちろん,それなりに惑いやすいことは歪めない
そのような気分を含め,妥協的に思える大人たちに反抗したくなる

でも,やがて,様々なしがらみや,現実的な生活の中で揉まれ,
そして,すっかり,あの清々しい価値感を忘れてしまう
否定すらしてしまう,つまり,心と心が今はもう通わなくなってしまう

そんな壊れやすい心に,いつまでも,人間の根源にある「青さ」を忘れないで
生きて行こうという,そんな思いがこの曲には込めてある気がする

今聞いても,そう思う

だから,すべてに反抗したくなる時期に
直接的なプロテストソングでなく,
密かに人の本質に問いかけ,誰もが自分の解釈できる懐の深い曲を作る

そして,思惑どおり長く生き続け,
静かに訴え続ける
こんな曲を書ける人は,凄いと思う。

長く生きて来て,いろいろ迷ったけど,人間は基本的に優しいものだと思うようになった。

なぜ,そこに対立が生まれるか?
そこに利害が発生するからだと思う。自分に被害がなければ,優しい。
でも,生きて行く上で,しがらみは増えるばかり,そこで自分を守ろうとする意識が対立を生む
不安が排除を助長する,そしてどんどん孤独になる(専制君主のように)

しかし,自分を守ることだけを直接的に追求すればするほど空しくなる
本当は,他人を助けたり,喜んでもらったり,感謝したりする気持ちを持ち続けたり
そのように自分を投げ出してみることでしか,自分の満足は得られない
人を踏みつけても,何も得られないことに気付かなくては,満足は得られない
勝ち組だの,負け組だのと言ってる時限とは,ほど遠い所にある世界
それに気がつかないと,少なくとも自分を好きになれない

そう思うようになって,あの素晴しい愛が,甦ってくるのだと思う。

これも北山修の作詞




イラスト英単語
by お散歩英語お散歩気分で英語学習 English Walk
リンク
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。